周辺情報

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

 

京都で最も古い神社で、賀茂氏の氏神として祀られたのが はじまりです。一の鳥居からニの鳥居にかけては広大な芝 生が広がり、芝生の傍らには和歌にも詠まれた「ならの小川 」が流れています。境内には60を超える社殿が並び、三間社 流造の雅やかな本殿と権殿は国宝に指定されています。5月 5日の競馬(くらべうま)や5月15日の葵祭などの神事が有名 です。世界文化遺産に登録されています。
公式サイト:http://www.kamigamojinja.jp/

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

大田神社

 

上賀茂神社の東に位置し、上賀茂神社の敷地外の摂社で す。大田ノ沢には国の天然記念物に指定されているカキツ バタが広がっており、毎年5月には、沢一面に咲き乱れます。 その美しさは、平安時代の歌人藤原俊成の和歌にも詠まれ ています。

大田神社

社家の町なみと明神川

 

その昔、上賀茂神社の神官の方々が明神川の流れに沿っ て家を構えられた住居が並んでおります。各戸は石橋をを 渡って門を開くという構成になっており、道路からは、土塀、 庭木など昔から変わらない景観をお楽しみいただけます。

社家の町なみと明神川

賀茂川(鴨川)の河川敷

 

平安時代、白川法皇が自らの意に沿わないものとして、挙 げたといわれる賀茂川ですが、現在はその河川敷に多くの 桜が植えられ、ベンチやランニングコースなど、京都の人々 の癒しの空間となっております。高野川と合流するまでを賀 茂川(かもがわ)と言い、合流してからを鴨川(かもがわ)と 言います。

賀茂川(鴨川)の河川敷

北山通り(植物園・陶器名画の庭)

 

緑あふれる北山通りにはグルメからファッションまで多くの ショップが立ち並んでいます。北山駅横に位置する「京都府 立植物園」は四季さまざまな植物を楽しむことができ、中に ある温室では世界の熱帯植物を身近に観賞することができ ます。また、「京都府立陶板名画の庭」では、名画の美しさ を陶板画で再現した作品を安藤忠雄氏設計の施設で観賞 することができます。

北山通り(植物園・陶器名画の庭)
周辺情報

葵家三代目のブログ

 

「葵家が出展する物産展の情報や、販売店の情報、京都のことなど紹介しています」

詳しくはこちら≫

葵家三代目のブログ
京都土産 葵家やきもち総本舗のやきもちはこちらからどうぞ
ご家庭用に やきもち(包み)
ご贈答用に やきもち(箱)
1個からどうぞ やきもち(バラ)

当店は、京都の中でも上賀茂という少し北の方にございます。修学旅行等で京都に来られたことがある方でも、上賀茂はアクセスしたことがないという方もいらっしゃるかと思いますので、是非足を運んでいただけるように当店周辺を紹介させていただいております。上賀茂といえば上賀茂神社ですが楼門内のみ拝観時間があり境内一円の参拝時間24時間可能です。上賀茂神社やきもちを御使用いただいている。上賀茂神社では、毎月第四日曜日に上賀茂神社手作り市というものを開催しております。手づくり市と名の通り手作りのものだけを出展できるフリーマーケットのようなもので、この日は大変多くの方が上賀茂神社に来られます。また上賀茂神社は縁結びのパワースポットで有名でご利益巡りする方も多く、もっとも多いのは初詣の時期です。一風かわったお守りや絵馬もあります。また上鴨神社では挙式もでき結婚式を結婚式を挙げる夫婦も多いです。京都のお祭りとして有名な葵祭も御所から出発して、下鴨神社に行かれて、上賀茂神社に最後参られます。こちらは毎年5月15日で、遠方からも多くのお客様がいらっしゃいます。また四季折々の紅葉や桜も綺麗で6月の中旬には、上賀茂神社の中を流れるならの小川で蛍(ホタル)を見ることもできます。また上賀茂はグルメも充実していますランチや休憩のカフェでお食事もおすすめですよ。神馬堂さんもあります。京都観光を検討の方に、上賀茂をコースのひとつに入れていただけば、うれしいです。

商品一覧
やきもち(包み)~ご家庭用に~
やきもち(箱)~ご贈答用に~
やきもち(バラ)~1個からどうぞ~
葵家やきもち総本舗へようこそ
若旦那の杜下さん
若旦那の杜下さん
葵家の若旦那です。みなさまに喜んでいた だけるよう心を込めて日々、お菓子作りして おります。

葵家三代目のブログ
「葵家が出展する物産展の情報や、販売店の情報、京都のことなど紹介しています」

葵家三代目のブログ

今すぐ会員登録する(無料)
お買い物ガイド
ご注文はお電話・FAXでも承ります。営業時間7時30分~18時 TEL075-781-1594
FAX注文、または配送先が複数ある場合は、FAX用紙を印刷して送信してください。 FAX用紙のダウンロード
メディア情報掲載はこちら
商品のご案内はこちら
店舗周辺情報はこちら
葵家三代目のブログはこちら